研究会参加団体・関連業界団体は、 「暮らし創造研究会」の各研究部会に対応して、以下のように活動を行ってまいります。

目指す方向性

一般消費者の皆さまからの理解促進と「ヒートショック撲滅」、「省エネ型ライフスタイル実現」、「地域コミュニティ活性化」に貢献するため、各研究部会ごとに目標を設定し、関連業界が連携して取り組んで参ります。

暮らし創造研究会で得られた成果

各研究部会に関する関連業界の目標

<効果・効能研究部会に関する関連業界の目標>

高齢者の健康寿命の更なる延伸を目指して、省エネ性を兼ね備えた長期優良住宅の普及や温度のバリアフリーに資する部分リフォームを推進し、住宅内での急激な温度環境変化による健康被害や事故の防止・健康維持を図る。

<暮らしの意識・行動研究部会に関する関連業界の目標>

省エネ型住宅・設備の普及に加えて、省エネルギーに関する情報提供等により省エネルギー行動を無理なく実践できるライフスタイルを広め、家庭分野における省エネルギーを加速する。

<超高齢社会の居住環境研究部会に関する関連業界の目標>

高齢者が安心して健康・快適に暮らせる居住環境の普及と世代交流して活発に自立して生活するコミュニティの必要要件を明確にすることで、魅力あふれる地方の創生に貢献する。

各関連団体における成果を活用した取り組みの方向性・目標

  • 効果・効能研究部会

    関連団体名 成果を活用した取り組みの方向性、目標
    (一社)住宅生産団体連合会 既存住宅の長期優良住宅化リフォーム推進事業や、省エネ住宅ポイント制度・ZEH推進事業の展開を通じ、住宅の断熱化、省エネ性能の向上を図り、健康維持に資する住環境の実現に取り組む。
    (一社)JBN 長期優良住宅化リフォーム推進事業、省エネ住宅ポイント制度、住宅・建築物省CO2先導事業、既築住宅における高性能建材導入促進事業などの国の施策を利用し、住宅の性能向上リフォームに取り組む。
    (一社)リビングアメニティ協会 居室の温熱環境と健康被害・事故などの研究成果をもとに、より快適な住空間を提供するための情報提供や、安全啓発活動を推進する。
    キッチン・バス工業会 快適で、安全,安全なキッチン・洗面・バスの空間造りと、さらなる地球環境配慮を目指し、技術課題の検討、標準化、関連情報の調査収集や、関連行政機関・団体等と連携し、消費者への安全啓発活動を推進する。
    (一社)日本ガス石油機器工業会 住宅内の温熱環境を改善する部分リフォームとして、床暖房や浴室暖房などの普及を推進することで健康被害や事故の防止を図る。
    日本ガス体エネルギー
    普及促進協議会
    ガス温水端末の普及や部分リフォームを通じて、住宅内での急激な温度環境変化による健康被害や事故の防止、健康維持に資する温熱環境の実現に取り組む。

    ※赤字は、2015年度新たに取り組みの方向性、目標を設定いただいた項目

    暮らしの意識・行動研究部会

    関連団体名 成果を活用した取り組みの方向性、目標
    (一社)住宅生産団体連合会 省エネルギー推進の一環として、HEMS活用によるエネルギーの見える化、情報提供等により、生活者の省エネ行動を促進し、ZEH定着に向けた取組みを加速する。
    (一社)不動産協会 研究会の成果も活用し、『不動産業環境実行計画 サステナブルなまちづくりに向けて』を推進する。
    (一社)JBN 環境省の家庭エコ診断制度が認定するうちエコ診断士の育成と活動を通じて、家庭における省エネ行動の喚起を行い、とりわけ部分断熱改修によるNEBの啓蒙を図る。
    (一社)リビングアメニティ協会 省エネ性能が⾼い住まいづくりの効能成果をもとに、リフォー ム関連住宅設備機器の充実を図るとともに、住宅リフォームを 推進する。
    (一社)日本ガス石油機器工業会 省エネルギー行動に関する情報により、高効率給湯器システムの導入やHEMS等とのシステム推進を図る事でさらなる省エネルギーの推進を図る。
    日本ガス体エネルギー
    普及促進協議会
    省エネアドバイス、省エネ教育、HEMS等を活用した効果的な情報提供に関する知見を獲得し、ユーザーの省エネリテラシーの向上を進めていくことで、高効率ガス機器の普及・省エネサービスの提供と利用者の省エネ行動の相乗効果による省エネルギーの推進を図る。

    ※赤字は、2015年度新たに取り組みの方向性、目標を設定いただいた項目

    超高齢社会の居住環境研究部会

    関連団体名 成果を活用した取り組みの方向性、目標
    (一社)住宅生産団体連合会 都市の低炭素化の促進に関する法律に基づき、認定低炭素住宅を促進し、スマートウェルネス住宅・シティーの実現に向け、コミュニティでのエネルギー利用、再生可能エネルギーの導入加速等、省エネルギー対策の推進を図る。
    (一社)JBN 地域に根ざした工務店の特性を活かし、家守り活動の一環として地域住民の交流の場としてのコミュニティー創出を図る活動を支援する。
    (一社)日本ガス石油機器工業会 床暖房・浴室暖房等の普及を推進する事で、高齢者が安心して健康快適に暮らせる居住環境と各世代間が交流し易い場を提供する。
    日本ガス体エネルギー
    普及促進協議会
    高齢者が安心して健康・快適に暮らせる温熱環境と幅広い世代が交流するコミュニティの必要要件の明確化やビジネスモデルを提示するとともに、その実現に適したエネルギー設備の普及を通じて地域社会の成長に貢献する。

取り組みの成果・発表

暮らし創造研究会の取り組みを広く認知いただくため、各種媒体を通じた情報発信を実施しております。

①新聞、雑誌

●週刊東洋経済(および東洋経済オンライン)
●ハウジングトリビューン
●ガスエネルギー新聞

②展示会等

●住生活月間中央イベント
●ウィズガスCLUBシンポジウム
●TG-NEXPO

③ホームページ等

●暮らし創造研究会HP
●住まいで元気NAVI HP(ベターリビング)
●ヒートショック啓発キャンペーン(JGKA)
●ガス業界向けメールマガジン

省エネルギー行動研究会(事務局:住環境計画研究所)

省エネルギー行動を主題としたコンファレンス「BECC JAPAN 2016」を開催しました。

取り組みの成果・発表
取り組みの成果・発表
取り組みの成果・発表

日本ガス体エネルギー普及促進協議会

各部会の成果などを利用して、消費者が健康・快適に暮らせる温熱環境への情報を提供するパンフレットを作成しました。

「あったかファミリーの快適・健康生活のヒミツ」  
右のリンクからご覧下さい
取り組みに関する報告は  
右のリンクからご覧下さい