研究の背景

  • 人口減少社会に移行し高齢化率は増加。1世帯当たりの人員も減少し、核家族化が進展。
    核家族化により「家族機能の弱体化」が進展。
  • 「家族機能の弱体化」と合わせて、「地域コミュニティの希薄化」も課題。

このような背景のもと、超高齢社会において、高齢者が安心して健康・快適に暮らせる居住環境や子育て世代などと世代交流して活発に自立して生活するコミュニティの拠点形成に関し、都市部の団地に着目して研究を行ないました。

研究開発ワークグループの設置

「健康・元気な暮らしコミュニティ拠点の形成研究開発」(事務局:高齢者住宅推進機構)とも連携して研究を行ないました。

研究成果

今年度の研究概要
研究成果は右のリンクからご覧下さい